読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済的自由のススメ

タダでもやりたいことで勤労所得を得て、投資で不労所得を得て、それを死ぬまでに全部使い切る、という生き方のススメ

やりたいことを見つけて仕事にすると実際どうなるかという話:後編

はい、これ↓の後編です。

やりたいことを見つけて仕事にすると実際どうなるかという話:前編 - 経済的自由のススメ

1万時間後の成果

1万時間の法則ってありますよね?ある分野で一人前になるには1万時間はみっちりやらなきゃダメっていう法則。あれはマルコム・グラッドウェルがOutliers*って本で提唱した法則ですが、あの本が出たのは2008年11月、あたしがリストラされる直前でした。*日本では「天才! 成功する人々の法則」っていう訳書になって出てるみたいです。読んでない人、オススメです。

で、リストラ後、急に時間がたくさんできて本を読みまくっていたときにこの本もたまたま読んでいたので、仕事が楽しくて仕方なくて早く一人前になりたかったあたしは、その教え通りにとりあえず1万時間翻訳することにしました。とにかくどんどん案件をこなして、開いてる時間は勉強しまくりました。

 

……みっちり3年かかりましたがw

 

でも結論としては、1万時間の法則、ホントです。3年経ったころに今のレベルの年収になり、仕事のスタイルも確立されてきて、自分の仕事にも自信が出てきて、取引先を選べるようになり、車で言ったらクルーズコントロールで走ってるような状態に到達しました。

石の上にも三年って言いますが、あれはつまりこういうことなんじゃないですかね?ただし「その3年間はとにかくがむしゃらにやること」っていう条件付きですが。

スィートスポットにたどり着かない

クルーズコントロール状態になってからは、あたしの「翻訳が好き」の意味が少し変わってきました。慣れちゃったこともあり、当初の自分の脳みその働き方に対する面白さはだいぶ薄れてきて、代わりに脳内の心地良さみたいなものが生まれてきました。自分では、脳科学なんかで言われる「フロー」ってやつはこれなんじゃないかと思ってます。

フローについては茂木健一郎さんがこんな感じで説明してます。

茂木健一郎 公式ブログ - フローとゾーン - Powered by LINE

でも毎回、ではないんですよねー。これは翻訳するもとの原稿に大きく左右されます。メチャクチャな日本語で、わかったようなわからないような文章を雰囲気だけで偉そうに書いてる原稿、よくあるんですよ。そしてこういうのにあたるとフローどころかもの凄く辛い。でも例えばもう本として出版されてる原稿(=プロの校正者が直した原稿)なんかで、伝える意義がある内容をきちんとした日本語できちんと理論的に書いてる原稿にあたるとすごく幸せ。そういうのを訳していると頭の中を清らかな小川が流れていくような感じになります。マジで。

あと、人生のスイートスポット的な分析をすると、あたしには断然「意義」が欠けている状態です。もちろんクライアントの役に立ってるはずだし、クライアントが最終的に出版したものを読んだ読者の役にも立ってるはずですが、間に翻訳会社が入っていることもあり、通常あまりフィードバックはありません。終わったあともどこでどう出版されたのかとかもよく分からないことがほとんどです。

それに加えて最近は「もっと安く、もっと早く」そして「何かクレームが来たら(実際はもっといろんな人が工程に関わっていて、翻訳者の納品物とクライアントへの最終納品物は違うのに)責任は全て翻訳者が負う」みたいなやり方を強制されることが多く、そういう面での不満もあります。できるかできないかという問題じゃなくて、そういうやり方を強いてくる人たちと働きたくないという意味で。

改めて自分はどうしたいのか

じゃあ改めて自分はどうしたいのか?……どうなんでしょう?あたしは今でも翻訳自体は死ぬまでやってもいいと思っていますが、恐らく仕事環境が先に悪化して「そこまで我慢してまでやりたくない」という事態になるんじゃないかという気がします。なので、今は「なるべく続けられるだけ続けたい」という気持ちと「次に何をしたいかそろそろ目星をつけていつでも移行できるようにすべき」という気持ちがせめぎ合っている感じです。そもそもそういうのもあってこのブログを始めたんですが、両方やるには物理的に時間が足りなくて「次」の話があんまり進んでいません。

でも、やりたいことを見つけて仕事にするというのはプロセスであって、最終的に人生のスイートスポットまで行くかどうかに関係なく、過程自体が人生を変えるような面白い経験になるということが分かったのは確かです。そして「なるほど、こういうアングルで行けばいいのか」と分かったので、「次」がなんであろうと恐らく大丈夫な気がします。

つまりあたしが言いたいこと

さて、こんな自分の例を出してまであたしが言いたかったのは何かと言うと、つまりこういうことです。

  • 本当のところはとりあえずやってみないと分からないことが多い

  • 自分で分かっている自分というのは実は氷山の一角

  • 好きなこと、楽しいこと、興味を持ったことをやるのは最強

  • ある程度時間と労力をつぎ込めば、なんでもある程度できるようになる

  • 目標を達成することを目指すだけの人生と、最終目的地が分からなくてもそこに向かう過程自体をまず楽しむ人生では、後者の方が断然濃い
  • タダでもやりたいことで一生稼げたら経済的自由の価値観が変わる

個人的には、人はなんで生まれてくるのかとか、人生の意義はなんだろうとか、そういうことの答えの1つはこの辺にあると思っています。肉体がなければできないことをしていろいろ知るということ。必ずしも仕事にする必要はないけれど、やりたいことを見つけてやるというのは、「いろいろ」の中でも特に「自分」を知る最高の手段だと思うんですよ。

あなたには自分でも考えつかないようなポテンシャルがあります。どうせなら1つでも多く見つけた方が人生楽しくないですか?