読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済的自由のススメ

タダでもやりたいことで勤労所得を得て、投資で不労所得を得て、それを死ぬまでに全部使い切る、という生き方のススメ

Google翻訳について翻訳を生業としてるあたしが言いたいこと

視点 ちょっと言いたい

みなさん、こんにちは。また話題がワンテンポ遅れている今村です。

いや、新しいGoogle翻訳が導入されてすぐに思ったことがあったので書き始めてはいたんですよ。でもどうしてもうまくまとめられなくて毎日書いては消してたんです。翻訳について書こうとすると「あ、これも説明しとこ」と思うことがどんどん出てきて収拾つかなくなっちゃうんですよね。あははは。

……というわけで、今日は4回目のトライです。でもまた収拾つかなくなってまとまらない可能性もあるので、先に要点を言っておきます。

 

今後Google翻訳を使いたい・もっと使いたい人は、意識して質の良い文章を別途きちんと摂取するように心がけることが必要です。

 

「ああ、なるほどね」とこの時点で分かってくれた人は、きちんとまとまるかも分からない今村の説明なんて無視しちゃってOKです。あなたは大丈夫です。

え、どゆこと?と思ったあなた、きちんとまとまるか自信がありませんが、頑張って説明しますのでちょっと付き合ってください。

進化してきているGoogle翻訳

たぶんみなさん何がどう変わったのかは既に知ってると思うんですが、Google翻訳はニューラルネットワークを使って文章ごとに翻訳を行うようになりました。以前はフレーズごとに翻訳してたので、それをつなぎ合わせてなんとか意味を理解することができても文章としては全く成り立っていないものが多かったんですね。それが文章ごとに翻訳されることでかなり改善したというわけです。

これに対する世間一般の評価は、あたしがざっとググった限りでは「Google翻訳スゴイ!使える!」みたいな意見から「どれだけ精度が上がったと言われても全ての文章を正確に訳せるわけじゃない」みたいな意見までわりといろいろでした。でもなんだかんだ言ってもやっぱり「Google翻訳スゴイ」派が多いような感じです。

あたしも自分でいろいろ試してみたんですが、全体的に見ると新しいGoogle翻訳は確かに以前より良くなっているし、今後の可能性を感じさせます。でも細かく見ると、事実や手順などを事務的に述べているだけの一般的な文章に関してはかなりいいところまで行っている一方、文脈や背景をもとに行間を読んで情報を補足しなくてはならない文章や専門的で用語だけでなく言いまわし自体も独特な文章に関してはまだダメ、という印象でした。

ずっと目指していた東大合格をとうとう断念した「東ロボくん」の弱点が行間から情報を読み取る読解力だったというニュースが最近ありましたが、Google翻訳の現在の弱点も要はそんな感じです。まあ、行間を読むことができなくても例えば「こういう文章のときは高確率で行間的な意味はこれ」みたいな対応ができるようにするとか、方法はいろいろありそうなので最終的には克服するかもしれませんが。

Google翻訳が進化して起こること

さて、そういうわけで、確実に進化しているけれど現時点ではさらなる進化が必要なGoogle翻訳なんですが、ぶっちゃけ現時点のレベルで十分というケースもたくさんあります。というか、今後はそちらが大多数になるんじゃないか、というのが今村の見解です。

昔に比べて今の世の中には情報が溢れています。溢れかえった情報を整理するためのキューレーションもたくさんありますが、それでも人々が消費する情報量は増え続けているし、結果として1つの情報を消費するのに費やす時間もどんどん短くなっています。SNSのおかげで賞味期限が短い情報もどんどん世の中に出回っています。

そうなると「大体言ってることが分かればいい」というケースが増えるのは当然です。そして

Google翻訳が「大体言ってることが分かればいい」というレベルのニーズにかなり応えられるようになる

今まで日本語じゃないからという理由でアクセスされていなかった情報へのアクセスが簡単になる

情報消費量がますます増えて「大体言ってることが分かればいい」というケースがさらに増える

Google翻訳の需要がさらに増える

……というサイクルが出来てくるんじゃないですかね?

結果、みなさんが個人でGoogle翻訳を使うケースだけでなく、Google翻訳を使って作成された文章が出回って好む好まぬにかかわらずGoogle翻訳を間接的に使うケースも増えるんじゃないかと思います。

Google翻訳を利用する人が考えるべきこと

ここでもう一度考えなくてはならないのはGoogle翻訳の現在の品質です。「大体言ってることが分かればいい」というニーズをGoogle翻訳が完全に満たしてくれている場合でも、現在の翻訳が「文章ごとに直訳」的なものであることには変わりありません。

人生なんでもそうですが、良いものをお手本にしていないとなかなか力はつきません。逆に言うと悪い例ばかり見ていると自分の力も低下してしまいます。そういう意味では、何も考えずにGoogle翻訳で出てきた文章ばかり読んでいると言語能力が確実に下がると思うんですよね。ざっと読むだけにしても、きちんとわかりやすく書かれている文章と大体言ってることが分かればいいレベルの文章を比べると、後者ではやはり得る情報の質が落ちます。結果、それを読んだことに伴う思考のレベルもきちんと書かれたものを読んだときより落ちてしまいます。

これがGoogle翻訳を使う人が良質な文章を別の場所で読む必要があるとあたしが考える理由です。そしてなぜ思考力と言語力のことなんて気にしているのかというと、自分なりにきちんと考えて少なくとも母国語ではきちんと伝わるように表現するということが日本人はあまり得意でないけれど、これは今後の国際社会においてとても重要なスキルだと思うからです。

日本語って結構曖昧な言語です。文脈によって主語や目的語が省かれるのは普通ですし、カタカナ語をバンバン取り入れて雰囲気だけで物事を述べることもしょっちゅうです(←こういうのが英訳するとき一番めんどくさい)。また、日本人同士のコミュニケーションも明示的じゃないことが多々あります。つまり、逆に言うと意識しないと向上させることができないということです。

だからこそ、日頃から質のいい文章をたくさん読んで欲しい。そして直接的・間接的にかかわらずGoogle翻訳による文章をたくさん消費する人はその分もっとたくさん良い文章を読むべきです。そしてGoogle翻訳的文章のスタイルを無意識に取り入れてしまわないよう気をつけるべきです。

そして「これで外国語のものが読める!」だけじゃなくて「自分が書いたものも簡単に外国語に翻訳して読んでもらえる!」と思っている人は、特にそのような機械翻訳にはきちんとわかりやすい日本語の文章が前提になるということを理解して日本語の文章を磨く必要があります。

まとめ

Google翻訳が使えるようになってきたことで、アクセスしてまともに理解できる情報源が増えました。日本国内だけの情報源だとどうしても偏ってしまう傾向があるので、これは大いに利用するべきです。でもGoogle翻訳の強みと弱みを理解し、ツールとしてどの部分が自分に役立ってどの部分が自分によくない影響を与えるのか考えて使うべきです。

なので、Google翻訳的な「大体分かればいい」ようなものばかり読んでいて頭が錆びつかせないためにも、是非意識して良いものを読む機会を増やしてください。

 

====

追記:補足記事書きました

Google翻訳を使う時の注意点と質の良い文章についての考察