読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済的自由のススメ

タダでもやりたいことで勤労所得を得て、投資で不労所得を得て、それを死ぬまでに全部使い切る、という生き方のススメ

素質も体力も経験もなかった初心者のあたしがフルマラソンを完走した話

やってみたこと 生き方

以前、2014年からジョギングを始めて2016年にフルマラソンを完走して自分にめちゃくちゃ感動したと言ったことがありますが、あの過程でものすごくいろんなことを学んだので、今日はその話をします。とりあえず単なる読み物として読んでいってください。

33st Annual Westport St. Patrick's Day Run

走り始める前の状態

まず、そもそもあたしが身体的にどういうレベルだったかちょっと書いておきます。

……って書くとまあ想像がつくかもしれませんが、あたしはもともと運動神経があんまり良くない人です。得意なスポーツとかも残念ながらありません。ホントに残念なんですが。

で、それとは別に2010年にとある病気が発覚して手術し、その後数ヶ月くらい薬物療法を受けていました。手術前もずっと体調が悪かったんですが、手術後は体重が10キロくらい減って筋肉もほとんどなくなっていました。あと後遺症みたいなのがあって、別のお薬もずっと飲んでました。

あの頃は歩くのもしんどくて。家の周りをワンコと散歩したりすると途中で座って休憩しなくちゃダメ……っていうレベルでした。とにかく身体が言うことを聞いてくれないし、無理やり言うこと聞かせると次の日は寝込むという状態でした。

でもその後、だいぶ回復して普通に生活できるようになり、なんとか家財一切処分して日本に戻ってきました。2012年の年末のことです。

日本に戻ってきて少し落ち着いてからは、なるべく日課として歩くことを心がけていました。……と言ってものんびり散歩というレベルです。立ち止まって花の写真撮っては友達に送りつけたりとかしてました。2014年の春頃の話です。

でも続けるうちにだんだん早足で「ウォーキング」できるようになり、2014年の秋頃にはエクササイズしてるって感じになってきてました。

走り始めたきっかけ

早足が走ることに変わったきっかけは簡単です。

走りたい衝動に駆られたからです。

いや、早足がだんだん速くなってくるとそうなるんですねぇ。知りませんでした。競歩の選手ってめちゃくちゃ速くてすごいなぁと前から思っていましたが、今はそれよりも、「走りたい衝動とか自動的に走り出してしまう身体を抑えながらあんなに速く長時間歩けてスゴイ!」と思います。なんつーか、早足って速くなればなるほど不自由感がものすごく増してきませんか?あたしだけかなぁ?

でも走りたい衝動に駆られたまま1週間くらい走らずに歩いてました。怖くて。

だってもう何年も走ったことなんかなかったんですよ。それに身体が思うように動かないっていう感覚が常にあったので、走ろうとした途端にコケる自分が目に見えてたというか。コケるかぎっくり腰になるかのどっちかだと思って。

でも走りたい衝動は大きくなっていきました。

で、我慢できなくなって、もうコケてもいいから走りたい!と思いました。で、数歩駆け足してみたらマジでぎっくり腰になりそうになったんですが(笑)「うわ、楽しい!」と思ったんです。これが2014年の終わり頃でした。

走り始めて起こったこと

それからは毎日「走りに」行くのが楽しみで仕方なくなりました。

「数歩駆け足」が「10メートルくらい駆け足しては20メートルくらい歩く」になり「50メートル止まらずに駆け足」になり……みたいな進歩があり、今思うと我ながら低レベルなんですけどね、これがもう「おお!50メートル止まらず走れたぜ!」みたいに毎回本気で嬉しいんです。いや、めちゃくちゃ遅いんですよ。すぐに息切れしてたし。それでも嬉しいんです。

ほら、3歳くらいの子供って広い場所に降ろしてあげると何もないのにダーッと走って行っちゃうでしょう?あれ、嬉しくて自分を抑えられないからなんじゃないかというのが今村説です。今までハイハイとかよちよち歩きとかしかできずに身体が不自由だったのが、走れるようになっちゃったから、自由になっちゃったから、広い場所に出ると走らずにはいられないんじゃないですかね?

まあ実際に3歳児がどう思ってるのかは聞いたことなくて分かんないんですが、とにかくあたしはそういう気持ちでした。毎回嬉しくて嬉しくて、楽しくて楽しくて。

で、そんなことをしばらくしていたら1キロくらい止まらずに走れるようになりました。そしてそこから2キロ、3キロ、と徐々に距離を伸ばしていって、とうとう初めて5キロ止まらず走れたとき、ふと思いました。

これってどこまで伸びるんだろう?

このまま続けていったら、例えばフルマラソンなんかも走れちゃうわけ?

なので、その時決めました。

とりあえずフルマラソン完走できるくらいになるまでは続ける、と。

これが2015年の初め頃でした。

基礎を学ぶ

最終的にフルマラソンを走ると決めた時点で、まずやるべきことは明白でした。基礎を学ぶ、です。ここまで自己流で来たけどこれ以上は無理だろう、それにきちんとやったらもっとできるようになるんじゃない?と思ったわけです。

で、やったことは以下の通りです。

  • Runkeeper」や「RockMyRun」のアプリを導入。距離やペースを確認しながら練習
  • ランニング教室に入会。月1回の指導を受ける
  • ランニング雑誌「ランナーズ」と「クリール」を購読。その他ビギナー向けのフルマラソンの本も読み漁って、練習方法、シューズやウェアの選び方、食事、サプリなど、マラソン攻略法を研究
  • YouTubeでも初心者向けランニングビデオを漁って勉強
  • 経験を積むため、秋頃開催の10Kレースにエントリー
  • MY ASICSで登録して10Kレースに向けてトレーニングプランを作成
  • 走るだけでなく筋トレやストレッチなども導入
  • タンパク質を大幅に増やした食生活に変更
  • 距離、ペース、時間、体調、体重、天気、履いたシューズなどを毎日記録

スポーツ貧血で挫折

そんなこんなでその後数ヶ月間頑張って練習していたんですが、夏頃から体調が悪くなってきてしまいました。息切れが激しくて、何もしていなくても心臓がドキドキします。ひどい時は横にならないとダメなくらい気分が悪くなります。そして当然走れません。

おかしい。なんかヤバイ。医者に行った方がいいかも。

そう思い始めた時、たまたま症状がひどくなる直前に受けていた健康診断の結果が戻ってきて原因が分かりました。貧血です。ヘモグロビンが基準値を大きく下回っていました。肝機能もかなり良くない数値になっていました。

極端な貧血になると呼吸しても体内に酸素が十分回らなくなるので、動悸・息切れが起こるんですね。これ、激しい運動が原因で起こるスポーツ貧血です。大量の発汗で失われる鉄分、筋肉量が増えることで消費される鉄分、また、ランニングの場合は足裏の血管内で踏み潰される赤血球の増加などの理由で鉄分が足りなくなって結果的に血液中のヘモグロビンが激減して起こるんですよ。このとき初めて知りました。

で、こうなると鉄剤飲んで療養するしかないんです。しかも赤血球って作るのに時間がかかるので戻るまで少なくとも3ヶ月くらいかかるんです。

仕方ないので……というかホントに身体が悲鳴を上げるので、走る練習は強度も頻度も落としました。

そして秋の10Kレース、諦めきれず一応出走しましたが、6キロくらいでリタイアしました。それで精一杯でした。

フルマラソン完走宣言

実はスポーツ貧血の症状が酷くなる前に名古屋ウィメンズマラソンの先行募集に応募していました。翌年3月開催なので、ちょっとフルマラソンにトライするには早いって感じだったんですが、抽選だからとりあえず応募しておこうと思って。

……で、当選しちゃいました。

えぇーっ、マジか、時間ないじゃん!と思いました。

そして、でもこれってきっと神様が「今村!行けるぞ、行け!」って言ってるんだよね????とも。

それに落選したら一般募集に応募するつもりでいたんですよ、よく考えたら。

……なので、腹くくりました。

そしてその旨を友達に報告。そしたら「応援に行くよ!」と言ってくれる人がいたり、経験者がアドバイスくれたりしました。

もともとあたしは何かを始める時に人に相談したりしないタチです。大体いつもやりたいからやるだけなので、「できるの?」とか「大丈夫?」とかいちいち言われるのが面倒なんです。でもウィメンズマラソンの経験者がいるような友達の輪だったからか、ポジティブな反応しかなくて、結果的にすごく助けてもらえたし、力をもらいました。

トレーニングに励む

そんな時だったので、10Kレースを完走できず、原因が分かったとは言え体調がなかなか元に戻らない状態になったのには結構凹みました。

でももうウィメンズに出ることは決まっちゃったし、抽選だから次の年には応募しても出られない可能性大だし、悩むにしてもあんまり選択肢がないというか、もう頑張るしかないでしょうって感じでした。

なので、体調が戻ってきた2015年の終わり頃から体調管理をもっと強化したうえでトレーニングに励みました。

実は、年末年始と第一四半期ってあたしにとって仕事が一番忙しい時期です。年末前に原稿書いて休暇に入るクライアントとか、年度末までに予算使わなくちゃいけないクライアントとかが多いんですよね。1月から3月末まではホントにこれでもかってくらい仕事が来ます。

そういう意味で、3月中旬のレースに向けてトレーニングと調整するのがすごく大変になりました。で、仕方ないので仕事の方を減らしました(え?)。年に一番クライアントに必要とされてる時に仕事を断りまくるっていうのはフリーランサーとして褒められた行為じゃないんですが、もうね、優先順位的にね、フルマラソン完走がトップになってたので。

実際、本番1~2ヶ月前は長距離を走っておかないとダメってことで走る距離を伸ばしていたんですが、なんせ走るのが遅いので、25キロとか走ろうと思うと3時間以上かかっちゃうわけです。前後に着替えとかストレッチとかやってると昼になっちゃうんですよ。

で、長距離走してお昼ごはん食べたらね、仕事があろうがなんだろうが起きていられないんです。なので、いつも午後は1時間位気を失ってました。ホント、ろくに仕事できない状態でした。

フルマラソンに挑戦

そんなこんなで、本番が刻々と近づいてきました。

ホントは試走誘われてたし行きたかったんですが、どうしても都合と体調が合わずできなかったので、本番前はビデオで何回もコースを見ました(インターネットバンザイ)。そして地図でもコースを何回も確認して記憶、どこでどんな給水や給食があるのかも頭に叩き込んで、作戦を練ってイメージトレーニングを何回もしてから当日を迎えました。

細かく話し出すとキリがないので端折りますが、30キロまでは1回練習で走ったことがあったのでそこまではなんとかたどり着きました。でもそこから先が辛かった……。もう消化器がシャットダウンしてて、エネルギー切れになってきてるのがわかっていても給食なんて食べられない状態で、スポーツドリンクだけでフラフラになりながら惰性で走ってました。

エネルギー切れになると頭も動かなくなってくるんです。覚えたはずのコースもよく分からなくなってきて「あれ?ここ曲がるの??」みたいになったり、33キロ地点って看板が見えてきても「てことはあと何キロ?42.195引く33は……えっと……33引くと……うーん……」みたいな感じになってきます。

でも36キロ地点を過ぎたところで友達がエネルギージェルを持って待っていてくれたので、ちょっと回復。それを飲みつつ進んで38キロ地点の看板を見た時、咄嗟に自分の時計を見てなぜか一瞬で「あと4キロちょい、キロ8分で行けば5時間台でゴールできる!」と計算できたんですよねー(笑)。なんでか分かりませんが。

で、そこから最後の力を振り絞って「5時間台、5時間台」と自分に言い聞かせながら走り……

……

……

……

5時間58分台でゴールしました!

ネットタイムは5時間44分ちょっとでした。

フルマラソン完走後

ゴール後は嬉しくて嬉しくて飛び上がった……と言いたいところですが、嬉しさ表現する力なんか残ってなくて、スイッチが切れたみたいに動けなくなってました。座って休みたいんだけど、もう体中痛くてぱっと座れないんですよ。壁につかまってソロリソロリと腰を落としてやっと座ります。で、座ったらもう動けない。

でもそれさえ感動でした。そこまで身体使ったことなんてなかったので。

あと、足は練習で何度も筋肉痛になりましたが、腕が筋肉痛になるとは思わなかったです。腕も6時間近く振ってると筋肉痛になるんですねぇ。そういう発見も感動しました。

マラソン走ったことがある人やちょっと詳しい人なら分かると思いますが、6時間弱ってはっきり言って激おそです。トップクラスの人は2時間半切るし、普通はみなさんサブ4とかサブ3とか言って4時間以内とか3時間以内目指すんですよね。

でもそんなことはどうでもよくて。だって完走したんですよ、しかも5時間台で!!自分に感動するなんて滅多にないことでしょう?

完走して貰ったティファニーのオリジナルペンダント

そして今

あれからもうすぐ1年です。で、今はどうしてるかと言うと、1日おきくらいに5キロジョギングするというレベルで継続しています。あんまりハードなことはしていません。

とりあえず今はマラソンに出る予定もないです。またやりたくなったらやると思いますが、そのときはもう少し緩く時間をかけてトレーニングすると思います。あくまであたし個人の話ですが、フルマラソン後にレベルを下げてほどほどに走るようになってからの健康診断では赤血球、肝機能など全ての血液検査の結果が劇的に改善したんですよね。やっぱり健康という視点では頑張りすぎないのがいいんじゃないかと。

でも今回のこれ以上頑張れないくらい頑張って実際に目標を達成したっていう事実は、今のあたしにとってものすごい財産になっています。時間も労力もお金もたくさん使ったけれどホントにプライスレスでした。これが自分への投資だとしたら(そういうつもりでやったわけじゃないけど)学校に行くとかその辺で習い事するとか、目じゃないです。これから一生確実にリターンを生むので。

みなさん、「好き!」とか「やってみたい!」とか、自分を勝手に動かしてくれるものに従ってとことん自分に付き合ってみるとビックリするような濃い体験ができるんですよ。ホントですよ。