経済的自由のススメ

好きなことで労働所得を得て、投資で不労所得を得て、それを死ぬまでに全部使い切る、という生き方のススメ

根拠の無い自信の正体とそれをものにする方法

少し前に、やりたいことが見つからない人はどうしたらいいか、具体的な考え方と方法の説明をしました。

やりたいことが見つからない人のありがちな間違い - 経済的自由のススメ

人生やりたいことさえ見つかればあとは簡単…というわけではないんですよね。どちらかと言うとやりたいこととして追求できるものを見つける努力、そして、見つけたら見つけたで実際にそこに辿り着く努力が必要です。大変と言えば大変なんですが、この見つける過程も辿り着く過程も、辿り着いた状態とはまた違った楽しさがあります。やらなきゃ損です。

なので、今回は、この大変そうなことを楽しくやるため、もの凄く役に立つ根拠の無い自信のつけ方を紹介します。

根拠の無い自信とは

何事に対しても楽観的でいられると生きていくのが楽になります。「なんとかなるでしょ~」と思えれば簡単に諦めないで続けられるし、ストレスで身体を壊したりする可能性も低くなります。根拠の無い自信というのはこれがパワーアップしたものです。「たぶんなんとかなるでしょ~」じゃなくて「大丈夫、絶対なんとかなります」と思える力です。

悲観的な人が「無理だよー、難しいよー、できないよー」と思って、楽観的な人が「なんとかなるでしょー、でも面倒くさい」と思ってる横で、根拠の無い自信がある人というのは「絶対いけるよ、やるよあたしは」と思ってるわけです。全く同じレベルの知識・スキル・経験をもって全く同じことに挑戦したとしても、根拠の無い自信があるかないかで体験自体も成功率も変わってきます。

根拠の無い自信の正体

じゃあそもそも根拠の無い自信というのはどこから生まれてくるのか?生まれ持った性格のような、後から得られないものなのでしょうか?

そんなことはありません。

「海外旅行に行って英語で喋ってみたら通じて、英会話の自信がついた」というような感じで特定の経験に結び付けられないから根拠がないように見えるだけで、根拠の無い自信というのは実際は日々の経験にもとづいています。

そう言うと、つまり日々成功を重ねなくちゃダメなんじゃん、と思うかもしれません。実際、よく「小さい成功を取りに行くことが大事」みたいな方法論をよく見かけますが、あれはつまりそういうことです。ある意味正解と言えます。

でも厳密に言うと成功である必要はありません。ここでのポイントは日々の経験を自分が肯定的に認識しているかということだからです。つまり、肯定的な認識が積み重なって出来上がるのが根拠の無い自信なのです。

3年日記を使った根拠の無い自信のつけ方

じゃあ、どうすれば日々の経験を肯定的に認識してそれを積み重ねていけるのか?

この辺はじっくり考えればいろいろな方法がありそうですが、今日はあたしが実践している3年日記をつけて日々の進歩を実感するという方法を紹介します。

↓あたしが使ってる博文館 3年連用ダイアリー3年日記 。3年でなくて5年や10年連用でもOK。

とにかく記録を続ける

普段記憶にも印象にも残らないような日々の進歩を見るためには、毎日簡単な記録をつける必要があります。これは当然続けないと意味がないんですが、3年とか5年連用の日記は1日分のスペースが小さいので簡単に続けられます。どうせたくさん書けないんだから深く考えないでテキトーに書けばいいという前提なわけです。ちなみに、あたしも寝る前にささっとその日のことをメモる程度ですが、3年ごとに色違いで買っている日記が今年で4冊目なので、もう9年半続けていることになります。

1年前、2年前の自分を振り返る癖をつける

最初の年は前年を振り返れませんが、続けていくと1年前、2年前を振り返ることができるようになります。そして、その日の日記を書いてるときに1年前、2年前の同時期の日記が目に入って「ああ、ちょうど1年前はまだあんな感じだったんだー」とか「あの時は結構悩んでたけど今はなんとかなっちゃってるなー」とか「以前のあの低レベルからここまで来たのかぁ」という感じに、現状がどうであれ進歩はしていることを実感できるようになるわけです。

ちなみに「予記」っていうセクションは、月末にその月の予記に書いたことを読み返して、次の月の予記に反省と次の目標みたいなものを書く形で使うのがオススメです。こうすることで、1ヶ月ごとの振り返りもできるようになります。1ヶ月ごとに「今月はこれを頑張るぞ」と自己宣言するのもオススメです。

些細な進歩の実感が積み重なって自分に対する信念がうまれる

ずっと続けていくと、ダメダメだろうがヘタクソだろうが1日単位で進んでいけば必ず変化が起こるという事実が可視化されるので、そこから信念のようなものがうまれます。そして、ちょっとコケても「起き上がってとにかく目の前にあることやろう」と思えるようになり、そうやって進んでいくとまた変化が起きてくるので信念が更に強まり、前より派手にコケても起き上がれるようになり……という、やってる本人もびっくりするサイクルが構築されてきます。

自分に対する信念が「根拠の無い自信」になる

何か具体的な成功をおさめて得た自信というのは、同じようなことをするときの自信となりますが、新しいことをするときの自信にはなりにくいものです。一方「日々の積み重ねが進歩に繋がり、ヘタクソでも途中でコケても関係ない」という信念は、何をやるにしても「これも要はやり続ければできちゃうわけよね」といういわゆる「根拠の無い」自信になるわけです。

まとめ

根拠の無い自信というのは、とりあえず日々できる範囲のことをして、それを記録することで可視化していけばどんどん強化されていきます。成功していなくても、現状がどうであっても、全く関係ありません。また、成功にもとづく自信というのは、例えば似たようなことをもう一度やったら失敗したなどの状況でわりと簡単になくなってしまったりしますが、根拠の無い自信というのは、なんせ明確な根拠がないので、日々いろいろ失敗や挫折を繰り返しても、わりと揺らぎ無く自分を支えてくれます。

毎日ちょっとメモって記録するだけでいいし、あった方が絶対に人生が楽になるので、是非みなさんも根拠の無い自信をつけてください。

>>Amazonで3年日記を検索する