経済的自由のススメ

好きなことで稼いで、保険として投資で資産形成して、それを死ぬまでに全部使い切る、という生き方のススメ

経済的自由を得たあとどうするのか、という話

みなさん、こんにちは~。今村です。

 

かなり前に自分のライフサイクルを考えよう!という話をしました。 

www.saki-imamura.com

これ、まだ読んでない人、特に20代とか30代の若い人には是非読んで欲しいです。

若いうちに資産形成を始めればそれだけで有利ですが、最初から一生に渡る大まかな流れを意識しているのといないのではたぶんパフォーマンスが変わってくると思うので。

 

で、今日はなんでこの話なのかと言うとですね、単に今村が自分のライフサイクルを見直していろいろ考えたいからです、ええ。

結論というか方向性が見つかるか、ただダラダラと考えたことを書いてみようかなと。

 

そんなの興味ないよ……って人は、代わりにこっちを読んでいってください。

www.saki-imamura.com

ふーん、 読んでやるか、っていう人はとりあえずあんまり期待しないで読み進めて下さい。

ライフサイクルの変化

上のライフサイクルの記事で、あたしは自分のライフサイクルについてこう書いたんだけど、

例えば今村は自分のライフサイクルを、

  • 導入期はもう終わっていて、
  • 現在の「生活費+アルファ稼いで投資に回すよ!」という状態は成長期で、
  • 「あとは今ある資金を運用するだけで老後の資金は作れるから、生活費分だけ稼いでればいいや」という段階に移ったら成熟期の前半に入った状態、
  • 「ここからは労働所得なしで生活できるよ」となったら成熟期の後半、
  • で、「死ぬまでにお金を使い切るぞ!」となったら衰退期

……という感じで考えています。

「あとは今ある資金を運用するだけで老後の資金は作れるから、生活費分だけ稼いでればいいや」って状態にもう入ってたわー、と数ヶ月前くらいからしみじみ思うようになりました。

よく考えると、上のフルマラソンの話の時点で、書き入れ時の収入が激減して将来の仕事も減る可能性もあったのに繁忙期に仕事を片っ端から断ってたあたり、無意識に成長期はもう終わってると思ってたのかも。

もっと言うと、日本の国民年金もアメリカのソーシャルセキュリティーも全くもらえない、今後の投資リターンの平均も3~4%くらいっていう仮定での計算だから、年金が多少でも出たり今後も今のレベルのリターンで資金運用できるなら、実質的には「ここからは労働所得なしで生活できるよ」にかなり近い。 

 

で、じゃあどう生き方を変えていこうかって話なんだけど。

経済的自由の考え方

このブログを始めた頃のあたしの経済的自由の定義は「タダでもやりたいことで労働所得を得て、投資で不労所得を得て、それを死ぬまでに全部使い切る」だった。

でも最近ちょっと修正して「好きなことで稼いで、保険として投資で資産形成して、それを死ぬまでに全部使い切る」になった。これは

  1. タダでやってもいいほど好きでも実際にタダで専門スキルを提供すべきじゃない
  2. あたしの場合、投資は不労所得を得るためというより必要になったときに使える資産を形成するためのものである

っていうことに気づいたから。

でもいずれにせよ、フリーランスで生計を立てることができるようになった時点で経済的自由を獲得してたことになるし、実際に経済的に自由だという自覚はあったんだけど、なんつーか、だからどうする?みたいなのは今まであんまり考えてなかった気がする。

これ、億り人になりたいとかアーリーリタイアしたいとか言ってるけどそのあとどうするのか考えてないのとあんまり変わんないよね。

人間って成長してるのが一番楽しいわけで、何かが達成できたらゲーム終了、みたいな話じゃないんだよね。1つクリアしたら次になにかないとつまんない。

 

……ということで、「死ぬまでに全部使い切る」に思考を移していけばいいのかなという気もするけど、とりあえず「好きなことで稼いで、保険として投資で資産形成して、それを死ぬまでに全部使い切る」を一通り全部考えてみる。

「好きなことで稼いで」

あたしの場合「好きなこと」は翻訳だけど、今は単価が低いとか、納期がきつすぎるとか、元原稿がヒドイとか、分野が論外とか、いやだなと思う案件は全部断ってる。だから本当に好きなことだけしている状態。

こんな感じのことをして今の状態にたどり着いた。↓

www.saki-imamura.com

ただ、いつまでこれを続けられるのかは疑問。

品質の違いがわからないクライアントが増えてるし、品質よりスピード重視のケースも多くなってるし、機械翻訳もそういうレベルの需要になら答えられるようにどんどん発達してるから、将来的には仕事自体が減る可能性がある。

あと、そうすると単価が下がる可能性も大なんだけど、あたしはやりがいや経験が得られることを謳って専門スキルに対価を払わない日本の風潮に頭にきてるから、そうなったら好きでもさっさと辞めるつもりだし。

 

だからブログやアフィリエイトにシフトしていこうかなぁと思ってたんだけど……うーん、どうなんだろう?

 

今はまだ選り好みして好きな案件だけやってても十分稼げてる状態だし、そもそも一向に仕事が減る様子がないんだよなぁ。もしかしてあと数年くらいは行けるのかもしれない。

ブログやアフィリエイトの方はと言うと、何か発信するのは楽しいしまあまあ稼げるなぁって印象だけど、広告貼ったり表示スピードを気にしたりスマホ用の設定を気にしたり、メンテ的と言うかIT的なことがどうも好きじゃないっていうのが最近分かってきて億劫。

 

⇒「好きなことで稼いで」は今はできてるけど今後はわかんないから対策必要。

「保険として資産形成して」

理想としては「好きなことをしているとついでに稼げてしまう」という状態が一生続くことだから、保険としての資産形成っていうのは老後のためと言うよりあくまでも「好きなことで稼ぐ」ができなくなったときのためのもの。

で、以前体調がずっと悪くて「寝たきりになってしまう日も近いかもしれない」と思ってた時期は、好きなことで稼げなくなるってことがホントに深刻な問題だったんだけど、今はかなり健康になってきてるし、ありがたいことにそういう心配が薄れてきてる。

 

健康大事。

 

……てことで、今のところ近いうちに寝たきりになったりはしない気がするから、保険はフツーに少なくとも60歳とか65歳までは使わないって前提でいいような気がするし、だとしたら保険としての資産形成はもう十分っぽい。

 

⇒「保険として資産形成して」はあらかた終わり。

投資方針の変化

ちなみに、上のライフサイクルの記事では、成熟期に入ったら徐々にリスクを最小化していってキャピタルゲインからインカムゲインにシフトしはじめるモデルを提唱してるんだよね。

でも、自分が想定より早い年齢で成熟期に入って気づいたんだけど、時間が余分にある場合は守り体勢にシフトする必要全くないわー。

てか、時間的に余裕があると逆にリスク許容度がアップする。今から数年投資に失敗したって挽回する時間残ってるじゃん、みたいな。

まあだからと言って今までよりもっとリスクをとっていこうとは思わないけど。

ただ、投資が楽しくなるかも……とはちょっと思う。

今まで投資のことは「必要なものだし、きちんとやれば相応に報われるし、やればまあ興味深いかな」程度にしか思ってなくて特に「好き!」と思ったことはなかったんだけど、必要なものっていう意識なしでやったら好きになるかもしれない。

そしたら売買の頻度を増やしてただ単に楽しんでもいいかもなぁ。

わかんないけど。

「それを死ぬまでに全部使い切る」

そしてここ最近考え続けているのがこれ。

理想通りに保険を使わずにずっと生活できたら保険は当然余るもんね。

だから「死ぬまでに全部使い切る」つもりなら、将来的には保険が必要じゃなくても切り崩すことになる。でもそうなったとき余剰資金をどうするか。

 

本当はここで何か事業を始めて、雇用を生んで、自分と従業員と社会の間をお金が循環するシステムを作るのが一番いいんだろうなぁ。

それが「好きなこと」で楽しかったら「好きなことで稼ぐ」と一体化させることができてもう言うことないんだけどなぁ。

でも実際に事業経営したいかと言うと微妙。全くときめかない。

……難しい。

 

「一生好きなことで稼ぐ」って理想は捨てて、翻訳で稼げなくなった時点で「稼ぐことは考えず単に好きなことをする」に移行するっていうのもアリと言えばアリだよね。

その場合、保険は老後資金として普通に切り崩せばいい。

……うーん、いいけどさ、なんかつまんない気もするなぁ。

 

やっぱりなるべく長く「好きなことで稼ぐ」を続けて、余剰資金は気が向くままにバラ撒けるようになりたいかも。

 

⇒「それを死ぬまでに全部使い切る」は、やっぱり翻訳が終了してからどうするかを考えたうえで考えなくちゃダメっぽい。

まとまらなかったまとめ

……ってことで、考えてることはなんとなく整理できたけど、やっぱり結論は出なかったですね、うん。

わかったのは、健康大事、翻訳が終了したらどうするのか真面目に考えろ、くらいか。

 

やれやれ。

 

経済的自由を目指してるみなさん、自分がその後どうするか考えてますか?