経済的自由のススメ

タダでもやりたいことで勤労所得を得て、投資で不労所得を得て、それを死ぬまでに全部使い切る、という生き方のススメ

WealthNaviを使うべきか考えるときのステップ

最近またWealthNaviの話題をよく見かけるようになりました。当初の「うーん、ロボアドバイザーねぇ……」というレベルから「ロボアドバイザーっていいの?」というレベルに次第に移行してるって感じですよね。

個人的には、リスク投資というコンセプト自体に腰が引けてしまって今まで定期預金とか節約とかしかしてなかった人とか、ちょっと株とかFXとかやったことがあるけどうまく行かなくてもう自分で投資したくない人とかにはすごくいいんじゃないかなぁと思います。

だってね、資金運用しないっていうの、今の日本ではマジでリスクだと思うんですよ。投資しないのは、投資でちょっと失敗するよりももっと大きなリスクだと思うんです。だから自分でやる自信がないならこういう方法でもいいからやった方がいい、というのが今村の意見です。

とは言え、WealthNaviみたいに「数個の質問に答えるだけで勝手に自分に合うものを勝手に運用してくれる」っていうシステムって、こちらから見ると「何をやってるのか分からない」ということですから、迷う人もいるはずです。

……てゆーか、今村としてはこの時点ではちゃんと迷ってもらいたいです。

よく分からないまま「へぇー、便利そう!やるやる!」って始めるのはダメです。「あなたは何も考えなくても大丈夫です」っていうサービスは特にそう。

そういうわけで、今日は、今村がWealthNaviの資産運用アルゴリズムについて解説しますので、これ読んでから自分に合うのか考えて決めてください。

まず大前提

WealthNaviにはちゃんとターゲットにしてるユーザーがあります。忙しく働きつつ将来に向けた資産形成を行っている30代~50代の世代です。なので、提供する資産運用アルゴリズムも長期的な利益の最大化を目指しています。ついでに言うと、このために一番良いのは米ドル建ての国際分散投資だという考えで作られています。それを自動化することでユーザーの手間を省いたり投資のハードルを下げたりする、というコンセプトのサービスです。

つまり、長く続ける意思がない人や短期の利益を狙っている人、または国際投資や分散投資というやり方が自分に合っていないと思う人にはWealthNaviは向かないということです。

投資対象銘柄(ETF)

分散分散の対象になる資産クラスと銘柄(ETF)は以下の通りです。

出典:WealthNaviの資産アルゴリズム(White Paper)

これらは全て米国で上場しているETFですが、以下の観点から選定されています。

  • 資産クラス全体に連動している:インデックス投資が一番効率的だ、という考えです。ですので、インデックスに連動するETFのみが選定の対象となり、アクティブ型やセクター別のETFは最初から対象になっていません。
  • 純資産総額が大きく、総口数が急減少していない:純資産総額が小さいものや、総口数が急減少しているものは上場廃止リスクがある、という考え。上場廃止になるとその時点で償還されてしまうので、望まないタイミングで損益が確定するのを避けたいということです。
  • 流動性がある:取引量が多い銘柄の方がいつでも適正価格で取引できる、という考え。そのため、1日の取引高も一定金額以上であることを条件としています。
  • 外国投資信託の届け出がされている:投信法に基づく金融庁への届け出がされていることを条件としています。
  • 低コストである:リターンを減少させないためにコストをなるべく低く抑える、という考え。上の条件を全て満たした銘柄の中で、取引や保有のコストを考慮して一番が低くなるものを選定しています。

ユーザーのリスク許容度

分散投資はユーザーのリスク許容度に応じて行われます。「質問に答えるだけで」というのは、要はユーザーのリスク許容度を判定しているわけです。

質問とリスク許容度の関係性として仮定されている要因はこちら。

  • 年齢:若いほど労働所得から生み出せる資産の比率が高いため、金融資産でとることができるリスクが大きい、よって若い世代ほどリスク許容度が高い、という考え。
  • 年収:年収が高いほど労働所得から生み出している資産が大きいからリスク許容度が高い、という考え。
  • 金融資産:金融資産が既に多いほど運用が不調になっても生活に影響を受けにくいため、リスク許容度が高い、という考え。
  • 投資目的:運用期間が短いと相場が下落したときに回復を待てないため、「退職金を運用」や「短期的な運用」の方がリスク許容度が低く、「余裕資金の運用」や「長期的な資金作り」の方がリスク許容度が高い、という考え。
  • 急落時の対応:相場が急落したときに売却したくなる人はリスクに対するリスク許容度が低く、追加投資したくなる人はリスクに対する耐性が高い、という考え。

資産運用アルゴリズム

さて、ここまでで見た銘柄の選定の仕方とリスク許容度の判定の仕方はどうでしたか?自分にしっくりきますか?インデックスファンドは嫌だという人はWealthNaviじゃダメだということです。また、ユーザーが自分の判断でリスク許容度を診断結果と違うものに設定すること自体は可能ですが、例えば相場が下落したらリスク許容度を下げたくなっちゃうような人にもWealthNaviはあんまり意味がないということになります。

ここまでの前提がオッケーの人は、アルゴリズムの話に移りますよ。

アルゴリズムに使われている要素は以下です。

各資産クラスのリスク

リスクはそれぞれの資産クラスの過去のリターンの分散(標準偏差の二乗)を昔のデータより直近のデータを重視するように重み付けされた形で計算して求めています。分散が大きいというのは過去の値動きが激しかったという意味です。

2016年10月時点の数値は以下の通り。

出典:WealthNaviの資産アルゴリズム(White Paper)

資産クラス同士の相関

相関も過去のリターンのデータを見て直近データに重み付けして計算しています。これによって何と何を組み合わせれば損益を相殺する効果があるか考えることができます。

例えば、米国株と日欧株は相関が高くて、米国株が1動くと日欧株は同じ方向に0.9動くということになります。なので、一緒に値動きしない金や債券も入れとくか、となるわけです。

出典:WealthNaviの資産アルゴリズム(White Paper)

各資産クラスの期待リターン

期待リターンは「ユーザーが独自の相場観を加味しないバージョンのブラック・リッターマンモデル」というものをもとに計算しています。

ざっくり言うと、期待リターンを過去のリターンから計算するのには問題があるので、現状の市場の時価総額のウェイト(マーケットポートフォリオ)から逆算しよう、という手法です。なので、現状の市場は最適化されている(=投資家が全員リスクを理解して論理的に投資した結果である)という仮定の上に成り立っています。

プロのファンドマネージャーなんかは「独自の相場観」ってやつを入れて使うわけですが、WealthNaviはそういうことをすると客観的じゃなくなるのでしていない、という意味です。

で、ここからETFの経費率を差し引いたものが各資産クラスの期待リターンとして使われています。2016年10月時点の数値はこちら。

出典:WealthNaviの資産アルゴリズム(White Paper)

最適ポートフォリオの配分

ちょっとややこしくなってきましたが、もう少しで終わるので頑張ってついてきてください。

各資産クラスのリスクと期待リターン、そして資産クラス同士の相関がわかったので、次は実際に資産配分します。

どの資産クラスを何%組み込んだポートフォリオにするかというのは、組み合わせ的に言うとそりゃあもうたくさんのバージョンができちゃうわけですが、リスクのレベルを一定にしてその中でリターンが一番高い組み合わせを選べば、リスク許容度に応じた最適ポートフォリオの配分が分かります。

以下がWealthNaviが例として出してるリスク許容度別の最適ポートフォリオです。

出典:WealthNaviの資産アルゴリズム(White Paper)

そして、リスク許容度別の最適ポートフォリオの配分比率の例として出してるのが以下。

出典:WealthNaviの資産アルゴリズム(White Paper)

これを見るとわかると思いますが、リスク許容度がマックスの5でも、全部株式というポートフォリオにはなりません。分散投資が前提で、以下のような上限と下限が設けられているからです。

出典:WealthNaviの資産アルゴリズム(White Paper)

ガバナンス

どうですか?アルゴリズムの仮定に納得できましたか?最適ポートフォリオの配分比率の決め方も納得できましたか?リスク、相関、期待リターンの数値を見てたらやっぱり分散投資は嫌になったとか、資産クラスの上限・下限が気に入らないという人はWealthNaviは向いていないかもしれません。

ここまで説明した資産クラスやアルゴリズムは上で述べてるように2016年10月時点のものです。WealthNaviでは、社外の専門家も含む投資委員会が3ヶ月ごとに内容を確認し、変更が必要な場合は委員会の承認のもとに行うことになっています。アルゴリズム自体の変更の報告はないので2017年4月時点では変わっていないと思いますが、リスク、相関、期待リターンなどの実際の数値は変化している可能性があります。

そして手間と手数料の話

さあ、ここまで納得できた人が最後に考えるべきなのは手数料とそれによって省ける手間です。投資モデルが実際に資産をどう配分するのかは分かったので、あとはそれをやってもらう手数料が見合うと思えるかどうか、という話になります。手数料と省ける手間は以下の通りです。

手数料

預かり資金の評価額が3,000万円まではその1%、それ以上は0.5%が手数料です。為替手数料、売買委託手数料、為替スプレッド、リバランスは無料です。オンライン入金であれば積立手数料も無料です。通常最低投資額は100万円ですが、2017年5月末までは30万円から始められます。

省ける手間

上で説明したアルゴリズムによる資産運用がこの手数料でできるわけですが、ただ単にリスク許容度の判定をして資産を振り分けるだけではなくて、自動でメンテナンスもしてくれます。

  • 自動リバランス:最適ポートフォリオを組んでも、時間が経つにつれて配分比率が変化してしまいます。WealthNaviでは、実際のポートフォリオとユーザーの最適ポートフォリオを比べたときに5%以上乖離している資産クラスがあった場合に自動的にリバランスします。また、6ヶ月間全くリバランスがなかった場合にもリバランスします。
  • リバランス付き追加投資・一部解約:積立をしている場合や、一部解約する場合は自動的にリバランスされます。
  • 自動税金最適化:配当金の受け取りやリバランス時の売却で利益が確定されると税負担が生じます。ポートフォリオ内で含み損がある場合、その損金を確定することで税負担を繰り延べられることがあるので、一定の条件のもとでそのような取引を自動的に行います。

まとめ

以上です。どうでしたか?

WealthNaviを使うにしても使わないにしても、このくらい理解してからならわりと自信を持って決断を下せるんじゃないかと思います。

いや、投資なんてしたことないし、これも一通り読んだけど全部理解できなかったよ、っていう人は、今すぐ決断する必要はありません。少しずつ投資のことを学んでいけばだんだん分かってきます。そして納得できた時点で少額から始めればいいんです。

やってみようかなと思った人はこちら。>>WealthNavi

今だと「WealthNaviスタート!キャンペーン」として、キャンペーン期間中(2017年4月1日 ~ 2017年5月1日)に初めて資産運用を開始したユーザーは、通常の100万円からではなく、30万円から「WealthNavi」を始められます。また、最大3ヵ月間の手数料の半額がキャッシュバックされるようですよ。→キャンペーンが2017年6月1日まで延長されました!