経済的自由のススメ

好きなことで稼いで、保険として投資で資産形成して、それを死ぬまでに全部使い切る、という生き方のススメ

アマゾンとスタバの株主なら行きたいシアトルの観光スポット

もうすぐゴールデンウィークですね!

……と言いつつ、フリーランスなので土日とかゴールデンウィークとか全然関係ない今村です。こんにちは。

 

てことで、ゴールデンウィークはたぶん普段とあんまり変わらない生活してるんじゃないかと思うんですが、最近ちょっと身の回りの整理をしたので、5月末か6月あたりに一度アメリカに戻ろうかなと考えています。できれば2~3週間くらい。

で、ふと、シアトル経由で行ってアマゾン本社の見学でもしてこようかなぁ、いや、どうせならアマゾンだけじゃなくてスタバとマイクロソフトも見てこようか……と思ったので、ざっと一通り調べたんですが、

 

わりといろいろ見どころありましたよ!

 

シアトルに行く予定がある人もない人もちょっと読んでいってください。

Amazon(AMZN)

アマゾン本社ツアー(ガイド付き)

アマゾン本社のキャンパスをガイドさんに案内してもらうオプションです。

The Day 1ビルから出発して、アマゾンの企業文化やビル名の由来などの説明を受けながらキャンパスを見学します。

ちょっと前にオープンしたばかりのThe Spheresの中も案内してもらえます。

所要時間は1時間半ほど。歩きやすい靴で来い、とのこと。

ただ、めちゃくちゃ人気があって予約がすぐ埋まってしまうのが難点。

2ヶ月前から予約可能ですが、さっき見たら全部バッチリ埋まってました。

予約はこちらから>>Amazon Headquarters Tours

アマゾン本社ツアー(音声ガイド)

予約が取れない、都合が合わないという人には音声ガイドを聴きながら自分でキャンパスを見学するオプションもあります。

音声ガイドは、

  1. スマホからAudible*1のサイトにアクセス
  2. 「Amazon HQ Tour」で検索してポチる(無料)
  3. Audibleアプリを開いてそこからダウンロード

という手順で聴くことができます。

Audibleアプリ内で地図もちゃんと出てくるそうです。

音声ガイドツアーはいつでも可能です。ただ、ガイドさん付きツアーだと入れるThe Spheresの従業員エリアには音声ガイドツアーでは入れません。また、通常は音声ガイドで入れるビルのロビーでも週末や就業時間外は当然ですが入れなくなります。

音声ガイドツアーの詳細はこちら>>Self-Guided Amazon Headquarters Audio Tours

The Spheres Discovery at Understory

音声ガイドツアーじゃThe Spheres入れないの?The Spheresが目玉なんじゃないの!?

……と思っちゃいますが、大丈夫です。

The Spheresの中には一般向けのビジターセンター「The Spheres Discovery at Understory」があり、アマゾンのことやThe Spheresのデザインや館内の植物に関する展示を見ることができます。

開館時間は月~土が10AM~8PM、日曜は11AM~7PMです。

Understoryの詳細はこちら>>Visit Understory

Amazon Go

Amazon Goは本社ツアーには含まれていませんが、ちょっと前から一般にもオープンしたので自由に入れます。

ツアーの出発地点であるThe Day 1ビルの1Fにあるので、ツアー前にのぞくのもいいかも。

Amazon Goアプリを入れておいて、スマホをかざすだけでオッケーです。

営業時間は毎日7AM~9PMです。

Amazon Goの詳細はこちら>>Amazon Go

Amazon Books

2018年4月現在で、ワシントン(シアトルとベルビュー)以外にもカリフォルニア、ワシントンDC、イリノイ、マサチューセッツ、ニュージャージー、ニューヨーク、オレゴン、テキサスにすでに店舗があります。また、コロラドとメリーランドにも近々店舗がオープンするみたいです。

なので、まあシアトルじゃなくてもいいんですが、BoardersとかBarnes & Nobleとか昔よく行ってた本屋とどのくらい違う体験ができるのか見に行きたいですね。

場所はUniversity of Washingtonの斜め向かいの4601 26th Ave NEです。

Amazon Booksの詳細はこちら>>Amazon Books

株主総会

ちなみに5月30日に株主総会があるのはわかってます。

バークシャーの株主総会みたいなお祭りじゃなくてフツーの株主総会だし、たったの1時間だから株主とのQ&Aとかもめちゃくちゃ短いと思うので、たぶん行かないと思いますが。

あ、でも外で抗議運動する人たちとかいるんでしょうねぇ。そういう人たちにちょっと話聞いたりしたら面白いかもしれないですね。

Starbucks(SBUX)

スタバでは本社ツアーは行われていません。

内部に知り合いがいて同伴者になってもらえる場合は見学したりバリスタ研修体験ができることもあるそうです。残念。

Starbucks Coffee Gear Store

ですが、本社内にあるStarbucks Coffeegear Storeには一般人も入れます。

Starbucks Coffeegear Storeはスタバグッズを売ってる店で、オンラインショップもあるんですが、パートナーと呼ばれる従業員しか商品を買えない仕組みになっています。

その従業員向けのスタバグッズを一般人も買える唯一の場所が本社内のストア、というわけです。

本社は2401 Utah Ave Sにあり、Starbucks Coffeegear Storeはその8Fです。

営業時間は月~金の8:30AM~4:30PMです。

追記:Coffeegear Storeは2018年に入ってから閉店になったそうです。残念。

Starbucks Reserve SODO

あと本社のツアーができなくても本社のビルの1FにあるStarbucks Reserve第1号店はどんな感じなのかちょっと覗きたいです。今後こういう店舗を増やすという話ですしね。

The Reserve Roastery and Tasting Room

あとこちらも。

スタバが「これが未来のスターバックス」と言っていて、スタバ店舗のランク*2でもトップに位置する形態のストアだと言われると、やっぱりちょっと覗いておきたい気がします。

ミラノ、ニューヨーク、東京、シカゴにも開店予定はあるみたいですが、2018年4月現在ではReserve Roasteryはシアトルと上海にしかありません。

シアトルの店舗は1124 Pike St.にあって、営業時間は7AM~11PMです。

 

=追記=

1912 Pike Place Starbucks

スタバ第1号店です。名前通り1912 Pike Placeにあります。

厳密に言うと1971年にオープンした第1号店は2000 Western Avenueにあったんですが、数年後に今の場所に移転し、今でもその当時の内装のままという店舗です。

スタバのオリジナルロゴも残っています。

Pike Place Special Reserveというのが、この店とPike Place Marketの店だけで飲めるオリジナルブレンドです。

まあこれはどちらかというとスタバファン向けで投資家的にはどっちでもいい店舗かもしれませんが。

Microsoft(MSFT)

マイクロソフトがあるのは厳密に言うとシアトルじゃなくてお隣のレッドモンドです。

あとこちらも本社ツアーはありません。

外部の人間でも入れるのは以下。

Microsoft Visitor Center

マイクロソフトやコンピュータの歴史に関する展示、マイクロソフトの最新商品、インタラクティブなテクノロジーの展示などがあるようです。

マイクロソフトのファンや子供には楽しいかも。

ギフトショップもあって、マイクロソフトのロゴ入りグッズもいろいろ買えるみたいです。

Microsoft Visitor Centerの詳細はこちら>>Microsoft Visitor Center

The Commons

ビジターセンターの近くにあるフードコート&ショッピングエリアです。

企業がキャンパス内に従業員用のカフェテリアを設置するのはわりと普通で、マイクロソフトもビルごとに従業員用のカフェテリアを設けていますが、一ヶ所この「The Commons」と呼ばれるスペースでは、地元のレストラン、ヘアサロン、郵便局、銀行、サイクリングショップ、通信サービス業者(SprintとかVerizon)、マッサージサロンなどに直接場所をリースして従業員が休み時間に食事以外のことも済ませられるようにしています。

ビジターセンターに行ったらついでにちょっと覗いてみるのもいいかもしれません。

その他

Boeing(BA)

本社はシカゴに移転しちゃってますが、ボーイングはもともとシアトルで創立し、今でもキング郡のトップ雇用者としてマイクロソフトの2倍くらいの従業員を抱えている企業です。

そういう関係もあって、シアトルからちょっと足をのばすことになりますが、The Future of Flight & Aviation Centerに行くとボーイング社のツアーがあります。

アメリカ国内でジェット機工場を見学できるのはここだけで、B747、B777、B787ドリームライナーが製造されている様子を見ることができます。

所要時間は90分。ツアーとギャラリーのチケットは大人1人25ドルです。

The Future of Flight & Aviation Centerの詳細はこちら>>Future of Flight Aviation Center & Boeing Tour

Gates Foundation Discovery Center

これはゲイツ財団の活動を紹介している教育センター的な施設です。

投資には関係ないんですが、この間書いた寄付というお金の使い方の関連でシアトルに行ったら寄ってみたいスポットです。

www.saki-imamura.com

Gates Discovery Centerの詳細はこちら>>Gates Discovery Center

まとめ

個人的にはやっぱりマイクロソフトはどっちでもいいかなぁ……という感じですが、アマゾンとスタバは意外と楽しそうじゃないですか?

他にもここに行っておくといいよ!とか、ついでにこれも見といてとか、現地で合流してつき合ってあげてもいいよ!とかあったら教えて下さい。

よろしく。

*1:アマゾンの子会社

*2:1. The Reserve Roastery and Tasting Room、2. The Reserve Store、3. The Reserve Bar、4. リザーブコーヒーを提供しているスタバ、5. 普通のスタバ、というふうにスタバ店舗は格付けされている